リザベリンは未成年でも効果があるのか。その前に飲めたり、購入はできるのか調査しました。リザベリンを未成年だけど飲みたい!という方は購入前にかならず確認してください。

リザベリン 未成年

サイズコンプレックスは10代からなので、リザベリンを未成年でも飲みたいという子もいると思います。

まず、購入できるか…ですが、
「できます」

未成年の方のご購入についてに書いてありますが、20歳未満が購入する場合は保護者の同意が必要になるけど、同意さえあれば購入できるみたいです。

注文フォームを見ると、特に年齢とか書くところもないので、代引きや現金書留とかにしちゃえば買えるってことかな?と思いましたが、ネット購入で年齢が必要なところって少ない気がしますがどうでしょう。

ただ、だからって小学生や中学生が購入して良いというわけではありません!

高校生にしても、体つきは大人と同じくらいになってくるとは言え、まだ成長している段階です。

サプリメントはサポートとして小さいときから飲めるものもありますが、増大サプリは今すでに正常な働きをしているものもサポートすることになります

19歳と20歳で1歳の違いでは、そんなに大きく変わるとは言えません。
でも、小中学生や高校生と20歳以上では、体の働きが大きく変わります。
特に重要な成長ホルモンは10歳から分泌量が増加し、15歳くらいでピークを迎えたら減っていき、20歳で10歳と同じくらいの分泌量になります。
そのため、小中高は成長ホルモンの分泌量が成人よりも多いため、サプリメントでサポートするよりも規則正しい生活を送り、体の働きが最大限になるようにした方がいいです。
また、リザベリンを未成年が飲むことはできますが、その前にチントレなどの増大できる方法を継続して試しましょう。
サプリメントにお金を出さなくても、十分にサイズアップできる可能性があります。

ただし、例外として包茎があります。

皮が邪魔して大きくなれないという場合には、仮性包茎なら自分で改善できる可能性もありますが状態にもよるし、真性やカントンになると、治療が必要になるので親に相談したほうがいいです。

・父親に相談しやすい
・兄に相談できる

なら良いですが、両親ともに相談しにくい場合には20歳まで待つか、思い切って親に相談するかの二択になります。

増大をしたいとリザベリンを未成年が購入しても、包茎の状態によっては効果の妨げになるし、優先順位としては成長しやすい環境を作るのが先です。

そのため、サイズコンプレックスがあって包茎なら、まずは改善できるよう親や兄弟に相談しましょう。

増大サプリはそのあとです。

⇒気になる方はまずはチェック!リザベリンの公式サイトへ