リザベリンの飲み方は、サプリメントなのでそこまで気を付ける必要はありませんが、最低限守らなければいけないことがあります。リザベリン飲み方次第では、効果が出にくくなるので注意しましょう。

リザベリンの飲み方ですが、サプリメントなので薬のような用法容量はありません。

公式サイトのF&Qにも、いつ飲めばいいかとかいつ飲むと良いかが書いてあります。

リザベリン いつ飲む

1日1粒~3粒を目安と書いてあるので誤解する人もいるかもしれませんが、リザベリンは3種類のタブレットが入っているので、各1粒~3粒になります。
なので、この説明からすると3粒~9粒飲むことになりますよね。
体型や体質によるかもしれませんが、たくさん飲まなくても各1粒で合計3粒を毎日飲み続ければ、効果を十分に実感することができるので、まずは1日各1粒ずつ3ヶ月くらいは飲み続けましょう。

たくさん飲むよりも継続して飲む方が大切!

また、お酒と飲むのは論外ですが、水やぬるま湯で飲む方が良いです。

リザベリン
お茶とかならよさそうな気もしますが、成分によってカフェインと相性が良くないものもあるので、100種類の成分が配合されていることを考えたら水が一番ベストです。

それ以外のジュースや牛乳も同じ。

カフェインが含まれていなくても、成分によっては相性が良くないものがあります。

例えば、牛乳を飲めば胃に負担がかからないから良いとか、アルコールを飲む前に乳製品を~なんて話がありますが、カルシウムが阻害したり、守ることが逆にマイナスになってしまうこともあるのです。

このほかにも良く言われるのがスポーツ飲料やグレープジュースは薬やサプリメントを飲むのに適してしませんし、お水でも硬度が高いと吸収率が低下してしまいます。

お水やぬるま湯でというのにはそれなりに理由があります。
リザベリン お酒
精力剤はアルコールOKのものもありますが、それ以外のものはアルコールで飲むことはお勧めできませんし、毎日飲んでいるうちにとにかく飲めばいいやって気持ちになるかもしれませんが、これは間違い。

リザベリンの飲み方は、サプリメントだから特に決まりはなくても最低限書かれている目安や飲み方は守るようにしましょう。

効果が出やすい飲み方を攻略する人もいますが、現状がベストな状態です。

何かを足したり変化を与えれば、せっかくの効果が阻害されてしまい、思うように効果が出ないこともあります。

そうならないためにも、1日各1粒を毎日水やぬるま湯で飲んでください。

神経質になる必要はありませんが、一番効果を実感できる方法はシンプルで単純に目安量を飲み続けること+規則正しい生活です。

きちんと正しく飲み続けても効果を実感できない場合には、リザベリンのサポートセンターに問い合わせてみるのも良いでしょう。

⇒気になる方はまずはチェック!リザベリンの公式サイトへ