リザベリンは日本製なの?ちょっと気になる安全性や品質管理の面もお話しします。リザベリンが日本製かどうかだけでなく、安全な増大サプリを選ぶことが増大の近道にもなります。
リザベリン 日本製 外国製

リザベリンは日本製で、日本国内のGMP認定製薬工場で製造されています。

GMPとは「Good Manufacturing Practice」

適正製造規範といい、原料の受け入れから製品の出荷までのすべてに品質と安全性が保たれるようになっています。

一般的に医薬品はこれが当たり前なのですが、最近では化粧品などにも取り組みが行われていて、サプリメントも同じようにGMPを見かけることが増えました。
また韓国や中国のサプリメントもGMPが義務付けられているそうです。
日本でも製薬会社の工場でサプリメントを製造することが増えていて、リザベリンもそのひとつといえます。

ということで、安全性は問題なしなのがわかりますが、問題は効果
日本製よりも海外サプリの方が効果がありそうな気がするんだけど…という人もいますよね。
たしかにサプリ大国のアメリカ製のものは成分の配合量も多いですが、これは「サプリメントの位置づけの違い」があります。

日本とアメリカは保険制度が違い、高額な治療費がかかることも。

そのため、治療よりも予防を心がけているので、年齢問わずサプリメントを健康維持として飲んでいる人も多いです。

日本では食品扱いでも、海外ではアメリカでは準医療品という扱いになり、FDA(アメリカで厚生労働省にあたるところ)では品質や安全性の基準が徹底しています。

また、たくさんの類似品があれば、当然求められるのは品質が良くて価格が安いもの。

そう考えると、日本のものよりも断然良いのでは?と思うかもしれませんが、ここからが問題!

日本で販売する許可があり、日本人の体質に合うかどうかを確認しているものでないと、認可されていない成分や成分量が多くて副作用が起きてしまうこともあります。
日本では医薬品成分でも海外ではそうではない。
また、その逆のものもあります。
認可されていないのは、海外の方が研究が進んでいるからといえばそうかもしれませんが、日本人の体質に合わせて作られていなければ、思わぬ刺激になってしまうことも。
食事も違えば、生活も違う。
だからリザベリンのような日本製の方が、安全性が高く効果が出やすいのです。
サプリメントは2倍飲めば2倍の効果が実感できるわけでもないし、効果のスピードが速まるわけでもありません。
それを考えても、海外サプリ=成分量が多いからいいというのは間違いです。

特に初めて増大サプリを飲む方は、飲んだらどうなるかを知るためにも必ずリザベリンのように日本製で人気があるものを選んでくださいね。
リザベリン
⇒只今キャンペーン中安心安全に購入できる!リザベリンの公式サイトへ